Shine Blog

ブログと趣味と音楽と。

薄暗いデイリーヤマザキ

 

ちょっとした用事ができて、数日前に生まれ故郷の群馬県に行ってきた。

 

茨城県から国道354号線を西に進むと、国道沿いにデイリーヤマザキが何軒かある。

 

助手席に乗るパン好きな妻は「デイリーヤマザキの焼きたてのパンが食べたい」と見かける度に目を輝かせていたが、私は幼い頃によく通っていたデイリーヤマザキのことを思い出していた。

 

 

薄暗いデイリーヤマザキ

それはまだ私が6才くらいの頃。

 

住んでいた渡良瀬団地から50mほどの距離にデイリーヤマザキがあった。

 

そこはお小遣いの100円で、好みの駄菓子をどれだけ買えるかという、足し算と引き算の体験学習の場でもあった。

 

そんな幼いながらに”馴染み”の店に出かけたある日。1人で駄菓子を買いに向かうと、そこはいつもと違う雰囲気に包まれていた。

 

―開けっ放しの入り口

―明かりの消えた店内

 

そしてお店には人影もなかった。

 

恐る恐る店内に入ると、そのうちに最初の戸惑いも忘れ、いつものように駄菓子を物色するのに夢中になっていた。

 

暗さのせいかいつもより没頭していたのかもしれない。いつの間にか私の手には100円では買えるはずもない”ウルトラマンのフィギュアらしき物”が握られていた。

 

「ごめんなぁ、もう終いなんだ…」

 

突然の背後からの声に驚いて振り向くと、そこにはいつも見かける”お店のオジサン”が立っていた。

 

急に自分が悪いことをしているんじゃないかという気持ちが湧き、しどろもどろしている私に”いつものオジサン”は優しく続けた。

 

「それが欲しいのかい?」

 

恐怖心から声も出せず、首を縦に振るのがやっとだった。

 

「じゃあ持っていっていいよ。いつもありがとうね。」

 

続けて「もうお店はなくなるけど…」みたいなことを言っていた気がするけど、その後のことはよく覚えていない。

 

 

今でもデイリーヤマザキを見かける度に思い出す。

 

誰もいない店内。

何故か貰えたおもちゃ。

薄暗いデイリーヤマザキ。

 

そして、どこか寂しげなオジサンの声。

 

 

次に見かけたら、今度は寄ってみようと思う。

 

妻が好きだという焼きたてのパンと、色褪せない思い出の欠片を探しに。

 

 

おしまい。

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine Blog All rights reserved.