読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shine Blog

ブログと趣味と音楽と。

ブログで稼げるようになって本当によかった。

桐生貴政

 

ども、桐生です。

 

先日書いた収益報告の記事がバズり、賛否の反応をいただきまして有難うございました。

 

もともと、反応があまり無い環境でブログを書き続けるのが辛くてこのブログを書き始めたので、反応が貰えるようになったのはとても嬉しいです。

 

 

収益報告を書いた理由

収益報告を書いたのは紛れもなく自慢の気持ちの現れです。この雑記も今でこそかなりの人数の方に読んでもらえるようになりましたが、特化ブログで80万アクセスを超えたとなればもっとたくさんの人に注目してもらえるのではないかと思い書きました。

 

正直に言えば特化ブログのアクセスが多くなってしまったので、最近はPVがただの数字にしか感じられなくなり始めていました。なんというか数字が大きくなりすぎて、自分でも想像できないような数になってしまったんです。

 

1日に4万アクセスを超えた日もありました。

 

その内どのくらいの人が読んでくれているかは分かりませんが、もう数字が大きすぎて私の想像力が追いつきません。考えてる内にすごいんだかなんだか分からなくもなってきます。

 

なので、収益報告は自慢でもありますがそれだけでもありません。ブログを書いている皆さんや業界に詳しい方に読んで頂いて、それがどのような意味を持つことなのかを教えて貰いたかったという気持ちもあります。実感が湧かなかったんです。

 

他にも、もしすごいと思ってくださる方がいるのであれば、このブログで過去取り組んできたことも書いているので参考にしてもらえればという気持ちもありましたし、批判やまだまだ大したことないと言ってくれる方の言葉にこれからのヒントを貰えたらというやらしい気持ちもありました。

 

実際わけの分からない批判もブコメで受けることもありますが、それは私にとって分からないだけで、ある人から見れば当然の批判だったりもします。はてブの新着やホットエントリーに載っただけで興味ない人にしてみれば不快ですよね。中には明らかに記事を読んでいない方もいらっしゃいますが、読まないとブコメしてはいけないなんてルールもありません。

 

だからといって、人格否定のようなコメントまできっちりと受け止めるほど人間できてはいませんが、日常にストレスが少ないせいか以前よりは腹も立たなくなりました。

 

そしてそんな記事を書いたのも4日前のことで、反応もなくなりすっかり平時に戻ったこのブログのアクセスは1日1,000前後です。バズっても検索に入ったワードを広げていかない限り金銭的な意味合いはほとんどありません。

 

私がブログを書いている最大の理由はお金です。ここまでの金額を稼げるようになるとは思っていませんでしたし、このブログについては大きな金額を稼げるとも思っていません。基本ブロガーさん向けのブログですし。そしてやっぱりお金だけじゃないという思いも持っています。

 

このShine Blogは、私という人間の自己表現の場です。一般読者向けのアフィリエイト記事も書きますが、自分に雑記ブログで稼げるほどの魅力があるとも思っていません。それでも読んでくれる人がこんなにいるのはとても嬉しく思います。

 

 

読まれることの嬉しさ

昨日下書きから公開した記事があったのですが、日時設定がおかしくなってしまい読者の方に新着表示されなかったようでその記事が全然読まれませんでした。

 

記事が読まれることが当たり前になるって怖いことです。数字が大きくなるとどう感謝したりしていいのか分からなくなってきます。1,000だろうが1,000,000だろうが1は1人なんですよね。

 

数人であっても読んでもらえる喜びは得られます。やっぱりこの雑記ブログは趣味にするのが一番いいのかなと思います。お金は後からついてくればラッキー。これも自分で言っていたことです。

 

収益自慢した特化ブログは自分のことを書いたブログではありません。それが順調なのに雑記ブログの方が更新頻度が高いのは、やっぱり自分のことを知ってほしい気持ちや他のブロガーさんと絡みたいという欲求の現れです。

 

収益報告記事については額が額だったこともあり、読み手の気持ちをないがしろにして書きすぎたかなと少し反省している部分もあります。

 

ご不快な思いをされた方にはお詫び申し上げます。自慢ではありましたが、届けたいと思った感情は自分の喜びです。それがストレートに書けなかったのは自分の未熟さであり、文章力の乏しさが原因です。申し訳ありませんでした。

 

 

反応に対する感想

収益自慢するならブロガーにとって有益な情報も書くべきだという声も聞こえてきます。必ずしもそうでなくてもいいと思いますが、これに関しては私自身の在り方として共感できる部分です。

 

 

でも。書いてるから。過去記事で。

 

 

そして自分には無理という意見も結構頂きました。それについても気持ちは分かります。そもそもそれを書く人は、本業があったりでブログでそこまでの収益を必要としていない人も多いのではないでしょうか。

 

「そもそもブログでそんなに稼ぐ必要ねーし」という本音の方も多いでしょう。そうでありながらお褒めの言葉として書いてくださった方には感謝しております。ただ、中には本当に稼ぎたいと思っているのにそのようなコメントをくださった方もいるかもしれません。

 

 

でも。私もそう思ってました。

 

 

ただのまぐれだろ!と言われればその通りですし反論する気はありませんが、それこそただのまぐれなら他のブロガーにもチャンスはあります。

 

別に嫌われたくて書いているわけではないのですが、書いている内に自分の本音も出てきました。やっぱり腹立ててますね、私。ただ、これはどちらかというと自分への葛藤だったり憤りだったりします。

 

自慢になってしまっていたとしても、本当に届けたいメッセージは先行投資しなくても稼げる可能性があるブログってすごいね!本当に稼ぎたいなら切り口変えて挑戦してみようよ!ということです。

 

報告記事でもそう受け取ってくれた方はいたようですが、言葉足らずだったように思ったのでこの記事を書きました。

 

 

特化ブログと雑記ブログの違い

報告記事にも書きましたが特化ブログの5ヶ月目のPVは26万でしたが、この雑記ブログの5ヶ月目のPVは5万です。

 

それでも多い方かもしれませんが、それは特化ブログのことを書いていることがアクセスに寄与しているからでしょう。

 

何が言いたいかというと本当にフリーテーマな雑記で稼げる人は一握りだということです。その人の魅力や文章力、読んでくれる人との相性もあるのでどこで書くかということにも左右されます。

 

多くの人に、その人が好きだという感情や面白いという感想を抱かせることは、一部の人間にしかできない芸当です。それに比べて特化ブログは商品やサービス、悩みに付随するキーワードを拾って、それに対してアプローチするという手法です。

 

こう言うとアフィリエイトサイトでもやってろと言われそうですが、自分が専門知識を持っていないことを特化として立ち上げる時に、ブログの方が体験談形式で書きやすいという利点があります。それにサーバーを借りる必要もありませんから手間も少ないです。

 

ただ、メルカリブログがタイミングが良かったことは事実だと思います。実は今書いている2つのブログの他に、特化ブログを3つ作り、削除しました。

 

短期間で多くのアクセスを稼ぐには、月間10万~100万ほどの検索ボリュームの単一キーワードで、かつ新たな情報が生まれるキーワードじゃないと、検索ボリューム1,000~10,000ほどの複合キーワードでも最初は勝負にならないと思います。

 

結局雑記ブログで成功している方でも、個人の人気が高い人と、どちらかというと特定のキーワードで勝負してる人とでまた分かれますよね。わたしも先月このブログでiPhone7の記事がバズったので3記事ほど書いて追いかけましたが、雑記の利点はこの辺にあると思います。

 

自分の書きたいことを広く書いていって、多くの人が読んでくれたり情報を求めているキーワードが見つかったらそれを深掘りして書くことが出来るという利点です。つまり、それを最初から決め打ちで勝負するのが特化ブログということですね。

 

 

最後に

私が特化特化言っているのは、それでしか結果を出したことがないというだけのことですが、事情があってどうしても短期間でブログでお金を稼ぎたいという人に何かしらのヒントになればいいなと思います。ただ、マネタイズはすこぶるド下手なのであしからず。

 

先日の記事で私に白い目を向けたというのは、ネットで稼いでる=悪いことしてるというくらいの認識の姉のことなのですが、昨日父に家賃を渡した時に「30万くらい稼げるようになってきたから」と伝えたら少し安心したような表情をしてくれました。

 

まぐれでも、稼げるようになってよかった。

 

私が本当に伝えたかったのはこの気持でした。

 

記事を読んでくださった方、読者登録してくださった方、ありがとうございます。視野が狭くなっていると遠回しにヒントをくれるブロガー仲間の皆さま、いつもありがとうございます。

 

せっかく掴んだチャンスなので上手く活かしていけるように頑張ります。取捨選択しながら、固執せず、大切な人が笑顔でいられる自分で在れますように。

 

おしまい。

 

 

《オススメ記事》

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine Blog All rights reserved.