Shine Blog

ブログと趣味と音楽と。

30代からのブログLIFEと顔出しの理由

桐生貴政

 

こんにちは!桐生です。

 

ブログタイトル説明に使っている”30代のブログLIFE”も5ヶ月が経過して、短い期間なりに喜怒哀楽を味わって過ごしています。

 

アフィリエイト系の物販記事も書くとかいいながらブログネタばかり書いていますが、ブログでの意見交換って楽しいですよね。最近はブコメが頂ける機会も少しずつ増えてきて、同じ記事でも読む人によって受け取り方は様々なんだなと痛感しています。

 

 

私の性格

性格のことを少し書くと、私は親しい関係の相手から『デリカシーが無い』とよく言われます。自分が好感を抱いて相手に敵意がないことが伝わったなと思うと、途端に図々しくなります。自分の中では親しみを込めているつもりでも、相手を怒らせたり傷つけたりしてきました。

 

褒めてほしいから自慢する。嫌だから嫌だと言う。接続詞が減り、言い回しがストレートになるというのは、相手に甘えている状態です。

 

こういったことを多少は自覚しているので、初対面の方にはすごく気をつけるようにしているのですが、ことブログに関してはどの記事が『はじめまして』になるかわかりません。特定の記事に飛んでくるので、過去記事を最初から読む人なんていませんよね。だからせめて敬語を使うようにしたのですが、慣れとは怖いものでどんどん地が出てきてしまいます。

 

 

顔出しをする理由

ブログで顔出しをする人は少ないです。私も本職があってブログを始めていたら顔出しはしていなかったと思います。なので理由としては”守るべき立場がないから”というのが理由のひとつです。最初は過去に仕事で関わった方に見られると恥ずかしいかなとも思いましたが、今はもう気にしていません。そもそも見てないとは思いますが。

 

時たまはてなブログでも『顔出しってどうよ?』というテーマが論議されることがあります。そういった記事に私もブコメを残したことがありますが、その時に書いたコメントは『メリットを感じません!』でした。これは嘘ではないのですが、メリットが全くないわけでもないかなとも思います。

 

先日の記事にも写真を載せましたが、「表情を見てもらえる」ことは個人的にはメリットだと思っています。販売や営業職が長かったので、自分では話すことは得意だと思っていたのですが、ブログを書いてみてわかったのは思ったほど文章での対話が得意ではなかったということです。

 

当たり前ですが、相手の表情も見えず、自分の台詞にトーンも加えられないので、話し言葉のやり取りが難しいです。そんな時に表情を伝えられるのは便利かなと思います。(^^)でもいいような気はしますが…

 

なので一番の理由としては”人となりを想像”して貰えるように顔出しをしています。せめて喋っている様子を想像して貰えるといいなという願望ですね。

 

なんだかすごく一般的な結論になったような気がしますが、違った意見や感想がありましたら、ブコメやコメントを頂けたら嬉しいです。もちろん読んで頂くだけも嬉しいですけどね!

 

ブログLIFEはまだまだ奥が深い様子。

 

おしまいっ!

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine Blog All rights reserved.