読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shine Blog

ブログと趣味と音楽と。

ブロガーなんて馬鹿か変人しかいないから

エッセイ

BAR

 

梅雨の夜、小伝馬町にあったLIVE BARのマスターとの会話

 

 

 

『まーブロガーなんて馬鹿ばっかりだからな』

 

 

僕『そりゃそうですよ』

 

 

『でもみんな楽しそうにやってるよな』

 

 

僕『ブログで褒められたり共感されたりするのって、やめらんないんですからね』

 

 

『自分の感性で作ったものを、わざわざ人前で披露するんだから変人だよなぁ』

 

 

僕『キツイ時もありますど、その変人同士が集まった時の熱量って凄いものがあるし、マスターだってそういうやつらが好きなんでしょ?』

 

 

『まあな、ほんとお前らみたいなやつら見てると、俺も歳取ってらんねえなって思うよ』

 

 

僕『そんな馬鹿なやつらに場所を提供してるマスターだって十分若いですよ、アマチュアのブロガーなんて場所がなきゃ弱いもんだし』

 

 

『そんなことねえよ、お前らが発してるエネルギーはお前ら自身のもんなんだから、俺が店やめても頑張れよ、新たな場所でやりゃいいじゃねえか』

 

 

僕『そうですよね、でもこの場所好きだったからちょっと辛いっす』

 

 

『俺も病気と戦うから、お前もブログと戦えよ』

 

 

僕『はい…負けないって信じてます』

 

 

『ああ、場所は変わるかもしれねえけど、俺が復帰したらまたやってくれよな』

 

 

僕『もちろんです』

 

 

 

 

 

※「ブロガー = ミュージシャン」、「ブログ = 音楽」と読み替えてお読みください

 

 

 

 

昔ライブやっていた頃に出会った人には「特別な人」が多かった。どうにもかっこつけられない技量で、自分の作った曲を自分の歌とギターで演奏して

 

上手く歌おうとしても、さらけ出されてしまう自分に、痛々しさを感じながら

 

そんな自分を受け入れてくれる人に出会うと、その人は「特別な人」になった。僕に自分の何かしらを重ねてくれた、かけがえのない人だ

 

最近ブログでもそんな出会いがあることを知った。剥き出しの想いに反応されると、怖さもあるけど味方してくれる人もいる

 

きっと僕にとっては、ブログも音楽と変わらないことなのかもしれない

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine Blog All rights reserved.