読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shine Blog

ブログと趣味と音楽と。

【アルパカ使ってみた】ホッテントリに入るイラストの描き方

はてなブログ

只今「人気エントリーに入る」という身の丈にそぐわない目標に向けて、はてブ様の掌の上でダンシング中の桐生です。

 

そんな時にぼーっと人気エントリーを眺めていると、ふとひとつのことに気がつきました。めちゃ上手なイラスト描いているブロガーさんって人気あるんですね?

 

『じゃあ、プロ並みのイラスト載せればいいんじゃないの?』

 

ついに辿り着きました。このブログに不足していたのは「プロ並みのイラスト」だったのです。

 

こう見えて小学6年生の頃は、色んな漫画の絵を模写するのが得意で、その模写力はもはやプロ並み。勉強もできてドラムも叩けて足も速いという、クラスの人気者の香ちゃんのことが好きでした。

 

 

さっそく描いてみる

何故か所持しているペンタブレットと無料ペイントツールの「FireAlpaca」を使ってさっそくイラストに挑戦してみます。

 

目指すは「paiza開発日記」さんの挿絵に使われている4コマ漫画「ぱいじょ!」のようなクオリティのイラストです。エンジニアでもなんでもない私ですら、つい記事を開いてしまうシンプル且つ説得力のある構図。ぜひ頂きたい。

 

paiza.hatenablog.com

 

 

まずはサムネにある構図をお手本にして描いてみます。

 

出来上がったのがこちら

イラスト1

※関係者の皆さま、大変申し訳ございません

 

ほほぉ。

 

味のある曲線。

流れのある塗り。

有機物のようなPC。

 

つまり、使い方がわからないと。そういうわけですね。

 

いかんいかん、このままではタイトル詐欺になってしまう。何を隠そうファイアアルパカには「イラストTips集[アルパカ学園]」というガイドページがあります。

 

レイヤー機能とか使って下書きとかすれば、きっとプロ並みの絵が描けるはず!ウルトラ諦めない!

 

 

下書きしてから描いてみる

2時間後。

イラスト2

 

下書きと塗りつぶしを覚えた結果。

 

手が…手が痛いっ!!

 

目が肌色とかもーどうでもいいです。このままだとキーボード打てなくなる恐れすらあります。

 

なんか本気で描いてる分さっきより痛々しい。模写でもプロには遠く及ばないのか…

 

そりゃあそうなんですけど、背景に効果(スクリーン?)とか入れればもうちょっとどうにかなるんじゃないかと思ってみたり。

 

 

背景効果を追加してみる

1時間後。

イラスト3

 

効果線の使い方がわからず、苦し紛れに背景を作成(諦めた)。

 

なんていうか、こう、目が死んでるのが浮き彫りになる感じです。でも、もう少しイジればなんとなく使い方が分かりそうです。

 

テキストも縦書き対応してるし、無料でも全然使えそう。問題は画力だけです。

 

イラスト書けるようになれば記事の幅も広がるし、アイコンやらアバターやらも描けたら便利だなーと思ったのもあって、今回チャレンジしてみましたが相当の努力が必要です。

 

そして、イラストレーターさんがトラックボール使う理由がわかりました。つい持ってるペンで全部の操作しようとして、手をブンブン振ってたら手が痛いのなんの。練習するならトラックボールも買おうかなと思います。

 

 

結論

練習あるのみ。

 

ただ、ある程度絵がうまい人なら、ブログに挿しこむくらいのイラストはすぐに描けると思います。書くだけなら操作も難しくないので、習うより慣れろの精神でなんとかなりそうです。

 

字と同じく絵にも人柄がでます。プロ並みではなくとも、どんどん公開して上達していきましょう!続けている限り、終わりはないのですから。

 

※記事中のイラスト作成には、ペンタブレットWacom「PTK-640/k0」を使用しました。

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine Blog All rights reserved.