読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shine Blog

桐生貴政という読み物。

さり気なくアフィリエイト入れるとブログってつまんなくなるね

ブロガー

ブログ

 

自分の話。

 

前記事を書いていて思ったこと。

 

『アフィリ入れると説明長くなってくどい文章になるなぁ』

 

まあ元々くどいんですが、より一層くどくなるなと

 

ネット回線やら生命保険やら売ってた癖なんですけど、自分が紹介した以上は注意点まで説明しないと気が済まないようです。性格かも知れませんが。

 

やっぱり紹介したい商品は、わかりやすくバナー貼ってちゃんと説明しないとなんか負い目というか、責任感が芽生えてしまいます。

 

 

アフィリエイト=成功報酬型広告

といってもAmazonアソシエイト・プログラムくらいなら、テキストバナーで文中にサクッと貼ったくらいで買う人も少ないでしょうし、文句言う人なんてそうそういないんでしょうけど、そんな程度のリンクなんて貼らないほうがいいんじゃないかと不意に思えてきました。

 

入れたら入れたで説明しなきゃ気が済まないし、そうなると話の脈絡がなくなって読み難くなりますよね。注釈入れてまとめて説明追加するのもなんか違うような気がするし、やっぱりアフィリエイトで結果が出ていないのは、根本の部分を私が理解していないからなのでしょう。

 

成功報酬型広告なんだから、成功が見込めないなら貼っても邪魔になるだけですもんね。対面で販売していた経験が長いので、なんだか直接的な販売癖が抜けなくて、的外れなことを悩んでいるような気さえします。

 

 

ブログの基本は1記事1テーマ

多くの諸先輩方が初心者に教授する言葉にある「1記事1テーマ」の法則。それを念頭に置いて考えるのであれば、アフィリエイトでちゃんと収益に繋げたいのであれば、「1記事1商品」から始めるのがいいのかもしれません。

 

漫画のランキングとか、まとめ系でボリュームのある記事やレビュー記事なら別なんでしょうけど、やっぱり、売る気満々の記事と、ネタになんとなくアフィリエイト商品が絡んできてしまった時の掲載は分けたほうがいいような気がしてきました。

 

話に出てきてしまったから、とりあえず貼ったみたいなリンクからなんて誰も買物しませんもんね。やっぱり記事を書く前に、何かを売る記事なのかどうかは決めとかないと支離滅裂な文章になってしまいそうです。書いてる方が商品に気を取られて、まとまりがなくなるだけですね。

 

 

アフィリエイト商材が売れる記事に挑戦する

自問自答で答えのようなものに辿り着いたので、やっぱりアフィリエイトを貼る記事にするかどうかは、記事を書く前に決めて挑んでみたいと思います。

 

ここだけの話、Amazonアソシエイト・プログラム以外のアフィリエイトってまともな金額になった経験がないんです。自分が利用している商材があれば、まだ販売に繋がる記事のイメージがつくのですが、知っているだけとか、調べれば書けるみたいな商材だと、どんな角度で商材を紹介すればいいのか分かりません。

 

ちょうど本棚にブログを始めた時に購入して、流し読みしかしていなかったアフィリエイト関連の書籍があるので、きっちりと読んで勉強して挑みたいと思います。なんかセルフバックしてレビュー書けみたいな内容だった気がしますが、しっくりこない内容だったら、自分が気に入っているアイテムをひとつに絞って2,000文字くらいの記事を書いて効果検証してみます。

 

アフィリエイトで収益を上げているブロガーさんで、この記事から結構稼いでいます的な記事を書いている方がいたら、粋な心をお持ちのブロガーの方、どなたか教えて頂けないでしょうか。もし宜しければご教授の程お願いいたします。

 

 

アフィリエイトはブロガーが挑むべきなのか

ここまで書いておいて最初に戻るわけですが、アフィリエイトやるならアフィリエイターとして、専門のアフィリエイトサイトを立ち上げたほうが効率が良い気もします。

 

金融系やネット系などのASPに繋げやすいジャンルの中から、今からでも定期的に新しいワードが出てきそうなひとつの単語(例えば携帯通信系の”フリーテル”とか)に絞って100記事くらい書けば、賞味期限は短いかもしれませんが、集客も早いし稼げるんじゃないかと思うわけです。

 

アフィリエイターとブロガーの線引って難しいですが、私のイメージではプロブロガーという肩書きの方は、多ジャンルのことを書いているイメージが強いです。そういう意味では、専門ジャンル以外のアフィリエイトである程度の金額を稼ぐブロガーさんの集客力ってすごいものがあります。

 

 

それでもアフィリエイトに挑みたい理由

やっぱりブロガーのほうが目指し甲斐があるからです。結局のところ他に集客が上手くいったブログがあるのに、この雑多ブログを更新し続けているということは『承認欲求』なんですよね。

 

所属する組織がなくて、拠り所が無い以上、他者承認を求める場所はブログしかありません。そろそろもう少し活発に活動してもいいかなとも思うのですが、そこは己の弱さ。きっと、先にブログで稼げているという実績が欲しいんです。

 

効率的に稼ぐ手法では自己承認が満たされないのに、根気のいる手法で他者承認を求めるというややこしさ。ブロガーを志す人達は案外、似た者同士のひねくれ者なのかもしれません。

 

なんだかタイトルのテーマに戻ったような、離れたような内容でしたが、少し考えがまとまった気がするので良しとします。

 

最後までお読み頂きまして、有難うございました。

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine.jp All rights reserved.