読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shine Blog

ブログと趣味と音楽と。

今日から俺はYouTuber!弾き語り動画の撮影に必要な最小限の機材はこれだ!

ギター

 

なんかYouTuberって響きダサい…

 

さて、前回の記事で自己顕示欲を満たしてお金もらえる(可能性がある)ものなら、ブログ以外のことでも挑戦してみたいとか書いてしまったので、そんじゃYOUTUBEかなってことで、さっそく用意してみようと思います

 

実際はテキストベースの動画アップしたほうが、なんぼかチャンスありそうですが、それはブログでやるとします。それ以外で趣味・特技を活かした投稿を考えると、まず思い浮かぶのが「ギター弾き語り動画」です

 

それなら必要なものも揃ってるし、あとは行動あるのみ!なんですが、今回はその「弾き語り動画」を撮るのに必要な機材のご紹介をしていきたいと思います

 

 

弾き語り動画を撮影する機材

 

こんだけあればOK!

私が使ってるのはもっと前の型でQ3HDってやつですが、ステレオマイクが内蔵されてて(飛び出てるけど)ハイレゾ音質でも録音できちゃう優れもの

 

前モデルに比べて、より広角で明るいレンズになり、より室内での録画に向いた進化を遂げている様子。音楽を撮影するためだけに特化されている製品なので、手ブレ機能など一切なしのロックなビデオカメラです

 

ギターをやってる人ならZOOMというメーカーはご存知でしょう。弾き語り動画はもちろん、ライブハウスでも綺麗な音で撮影出来ちゃうすごいやつ。なんや評判いいですよこいつは。私のもってるやつはモニターが背面なので、画角調整がまあ大変なんです。ああ買い換えたい

 

こいつとSDカードと三脚があれば準備OK!

ギターとパソコン持ってないとかは無しで!

 

パソコンに接続して、Webカメラとしても利用できるので、生放送やストリーミング配信なんかもお手の物です。下手にオーディオインターフェース買って、カメラも別に用意して、音楽編集ソフトも買って、とやっているよりも圧倒的に早く簡単に利用できます

 

 

ほんとにこのカメラだけでいいの?

ええ。もちろんです。あとは勇気だけだ!と、言いたいところですが、私の場合は他の機材も使っています。

 

それはこのカメラが「音が綺麗にそのまんま撮れる」からです

 

つまり、クオリティの問題です。ギターも、声も、一切イコライジングもなし、リバーブもなしの状態なんですよ。ですので、勇敢な方もしくはプロ並みの技量のある方はそのままでいいかもしれませんが、アマチュアにはこれはキツイ。

 

むしろプロでもそんな環境で撮った動画を、まんま上げられない人なんてたくさんいます。この時代、ほとんどの人は加工してますからね。弾き語りのようなアンプラグドな演奏を、アコースティック感そのままにお伝えできるのは魅力的でもありますが、私は無理です。

 

自分の声にはリバーブ必須!そんな私のような考えの方には追加で必要になるものがあります。それは以下のアイテムです

 

 

より心地良く聞かせるためのアイテム

アナログミキサー

 

100種のエフェクト機能を搭載したベリンガーのアナログミキサー。もちろんイコライザーもついていて、ファントム電源が2口あるのもポイント

 

エレアコじゃなくて、アコギで録音したい場合はコンデンサマイクをボーカル用とギター用で2本使えるので、本格的にやりたい人にはこのクラス以上のミキサーがオススメ

 

私が使ってるのはひとつ上の「BEHRINGER XENYX 1202FX ミキサー (ベリンガー)」ってやつで、バンドやってた頃に買ったのでライン入力が多いタイプ。エフェクトは変わらないので、一人用なら1002FXで十分です。ちなみに型番に「FX」がついてない安いタイプはエフェクト機能がないので、買わないよう注意してください

 

リンクのAmazonで、一緒に購入されている商品にも表示される「ラインケーブル」で、ミキサーの「MAIN OUT」から、ビデオカメラの「LINE IN」に繋いで撮影すれば、リバーブなどのエフェクトをかけた状態で録音できます

 

マイク

弾き語りをやってるひとなら1本や2本持ってる人が多いと思いますが、これから買う方にひとつ忠告です。「SHURE SM58」いわゆるゴッパーは買わないでください

 

あれは頑丈なLIVE用のマイクであって、宅録用とは言いがたいです。声のヌケも悪いし、出力も低いので、使い慣れた人間じゃないと難しいんですよ、あのマイク

 

宅録用にダイナミックマイク1本買うならゴッパーよりもヌケが良くて出力も高い「SHURE BETA 58A ダイナミックマイクロフォン 【国内正規品】」にしておきましょう。特にハイトーンが綺麗な男性や、女性には絶対こっちです。もちろんLIVEにも使えます

 

もっと綺麗に声を撮りたいなら、やっぱりコンデンサマイクになるのですが、精細に声を拾うだけあって、ホワイトノイズ入りやすいので、吸音材使ったりしないと上手く撮るのは難しいです。それでも普通の部屋でコンデンサマイク使いたい人はローカットフィルターのついたタイプを買いましょう

 

 

私が使っているのはこれ。コンデンサマイクをオンマイクで使うならポップフィルターは必須です。ラインケーブルもファンタム電源タイプになるので、買い間違いには注意してくださいね。マイクスタンドもお忘れなく

 

 

弾き語り動画入門におすすめなのはエレアコ

アコギと生歌をQ4n一台で撮るのが一番お手軽ですが、歌を唄うならマイクも欲しくなるのが人情ってもんです。ゆくゆくはLIVEもしたくなるかもしれませんし、オンマイクで歌うのはまた別の技術、というか練習が必要ですからね

 

なので構成としては

  • Q4n(ビデオカメラ)
  • 1002FX(アナログミキサー)
  • BETA58A(ダイナミックマイク)

の3つにラインでエレアコというのがオススメの構成になります

 

ヘッドフォンで、自分の声の返しを聞きながら演奏するのは良い練習にもなりますし、プロのシンガーでも返しなしでは上手く歌えない人はいます。ヘッドフォンもプロ仕様の本物が欲しい!って方は最初は「SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST 」の一択です

 

そして晴れてライブデビューしたら、友達に頼んでQ4nで録画してもらいましょう。自分の演奏を客観的に見るのも大事ですからね

 

 

最後に

そんなわけで話が脱線しまくりましたが、弾き語り動画用のオススメ最小限機材のご紹介でした。がっつり揃えたくなってしまって予算が足りない人は、メルカリあたりでお得な中古品探しましょう!

 

と、そうそう。偉そうなこと言ってる私の動画ですが、なんとまだ上げてません。一応テスト撮りしてみたんですが、いやーまあ下手くそ。ちょっと練習させて頂きます(ヘタレ)。秦基博さんが大好きなので、鱗あたりのコピーでも上げようと思ったんですが、キーがくそ高い。2時間ほど練習したんですが、声が潰れちまいました

 

せっかくならオリジナル上げたいんですけど、誰もみるわきゃないし。コピーでも誰も見ないかもしんないけど。でも昔ライブ活動してたときは3人くらいのお客さんでも、全力で熱唱してたんですから、それに比べればきっと多くの方に視聴していただけることでしょう。多分。

 

なんにせよ、音楽って楽しいですよね。誰も待ってませんが、近いうちに動画を上げられるように頑張りたいと思います。

 

それではまたお会いしましょう。

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine Blog All rights reserved.