読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shine Blog

桐生貴政という読み物。

覗いてみる?奥深きパソコン用キーボードの世界

趣味

キーボード

 

興味のない人間には到底理解できない、奥深きキーボードの世界

 

キーボードには去年の秋頃から本格的にハマっていて、ここ1ヶ月で、新しいキーボードを3つ買いました。

 

タイピングが早いわけではありませんが、このコクコクと打つキーボードの音が好きなんです。打ってるだけで楽しいんですよね。

 

YOUTUBEで一晩中キーボードの動画見ながら、1人頷くこともしばしば。今回はそんな理解し難いキーボードの世界にアナタを誘います。

 

 

キーボードの種類を知る

メンブレンスイッチ

いわゆる昔ながらのデスクトップについてるキーボードのタイプ。

ラバードームと呼ばれる丸いゴムでキートップを支えてあり、キーストロークが深めなのが特徴。安価なものが多く、うす型タイプもある

 

パンタグラフスイッチ

ノートパソコンに多く採用されているタイプ。

キートップのどこ叩いても垂直にストロークされるため、キーの中心を打たなくてもキーが認識されやすいのが特徴

 

メカニカルキースイッチ

メカニカルキーボードと呼ばれ、1万円以上の高級キーボードに多く採用されているタイプ。

メンブレンと同じくキーストロークが深く、底を金属板で支える剛健な作りと独特の軽快な音が特徴でゲーミングキーボードにも多く採用されている

 

静電容量無接点方式

業務用キーボードなどに用いられ、物理的な接点でないため驚異的な耐久性と確実な入力精度を併せ持ったプロ仕様タイプ。

メカニカルキーボードの相場よりも価格は高いが、長く使えるのでこだわりを持って使い続けるファンが多い

 

エルゴノミクスデザイン

これはキーの方式ではなく、右手と左手部分がセパレートされた人体工学に基づいたデザインを指します。

自然に手を置いた姿勢でタイピングができるため、自然な姿勢で手首への負担が少なく、腱鞘炎になりにくいなどの利点がある

 

 

大きく分類しただけでもこれだけの種類のキーボードがあります。

 

 

好きなキーボード

同じ種類でも、打ち心地や打鍵音には違いがあるので、好きなキーボードは人それぞれだったりします。

 

文字の入力速度の違いや、タイピング時の力の強弱、打鍵音の好き嫌いなど、価格が高ければ気に入るというわけではないので、キーボードの世界は奥が深いです。ですが、キーボードにハマった人間が1台は購入するキーボードがあります。それは、メカニカルキーボードです。

 

メカニカルキーボードの種類

メカニカルのキースイッチ部分には、キータッチの軽い順に、青軸、茶軸、赤軸、黒軸と呼ばれる種類があります。

 

メカニカルの代名詞ともいえる「カチカチ」っという音がするのが青軸、「スコスコ」と小気味良い音の茶軸、タクタイル感があってスイッチ感がない赤軸、重みのあるスイッチで赤軸と同じくタクタイル感のある黒軸

 

この4種類が主な種類で、万人向けとされるのは茶軸です。

 

個人的には押し下げ感の強い黒軸を、底打ちせずに打つのも好きですが、下手なメンブレンよりもキーが重いので、文字数を多く打っているとさすがに打ち疲れます。

 

青軸は軽いですが、甲高い音がするので好き嫌いがハッキリしますし、赤軸は底打ちを好む人にはあまりおすすめしません。

 

好きなメカニカルキーボード

やはりキーも軽く、音も小気味良い茶軸が入門機としておすすめしやすいです。注意して欲しいのは、Macくらいの浅いパンタグラフに慣れている人だと、ちょっとキーストロークが深すぎるので、1ヶ月くらい掛けて慣れる気がないなら買わないことをおすすめします。

 

メカニカルキーボードといえば「FILCO」シリーズが有名ですが、茶軸に関してはスペースキーとエンターキーのバネ音が安っぽすぎるので、音のよい「オウルテック」の茶軸がおすすめです。ゲーミングにもOKで価格も抑えめなのもポイント。

 

好きなメンブレンキーボード

PS/2です。ご注意ください。
メンブレンはパソコン付属のキーボードで使ったことのある人がほとんどだと思いますが、同じメンブレンでも打ち心地と音は全然違います。
 
打ち心地は「コクコク」という感触で、メンブレンにありがちな「ガチャガチャ」した音は鳴りません。ちょっとマニアックですが、このキーボードのスペースキーの音の良さは異常です。
 
メカニカルに比べても音は控えめで、ロゴの変わるIBM時代から根強いファンを持つキーボード。ゲームとか全く向きませんが、コスパも高くて満足度の高い逸品。
 
この記事を打っているのが、何を隠そうこのキーボードです。USB変換アダプタを使ってWindows10で使ってます。思考を邪魔しない粋なキーボードです。

 

 

欲しいキーボード

今度はそんなキーボード狂いの管理人が間もなく買ってしまうであろう、憧れのキーボードをご紹介します。

 

東プレ リアルフォース 変荷重タイプ

し、新モデルが出てる…。欲しい。

これは静電容量無接点方式のプロ仕様キーボードです。種類はいくつかありますが、大きく分けてこの「変荷重」タイプと、「等荷重」タイプがあります。

 

物書きにおすすめなのはこの変荷重タイプで、力の弱い小指で打つキーと人差し指で打つキーなどが重さの違う仕様になっています。加えてこのタイプは静音モデルなので、音が静かです。

 

値段はまさに高級品。キー耐久5,000万回に相応しく昇華印刷されたキートップの文字はそう簡単に薄くなったりしません。PS/2接続なので、欲しい方はそこだけご注意を。

 

東プレ リアルフォースALL45g荷重タイプ

 

同じく東プレから、USB接続の等荷重タイプです。

デザイン的にはこっちの黒ボディの方が俄然かっこいいですね。変荷重タイプではないので、他のキーボードと平行して利用したいキーボードマニアには、こちらのタイプが変な癖がつかずいいかもしれません。

 

他にALL30gもありますが、私のタイピングは指を浮かして打たないのでキーが沈んでしまいそうで、買うならこのタイプかなと思っています。でも、リアルフォースを長く使っている諸先輩方にいわせると、『まずは変荷重を使ってみろ、話はそれからだ』みたいな意見もあるので、正直選べないのが買えていない理由です。

 

近所に販売している量販店もないので、メルカリあたりで安い出品があったら、古いモデルでもいいので変荷重タイプを買おうかなと思ってます。そしてこいつは新品で欲しいのです。

 

 

キーボード遍歴

パソコン歴は16年くらいですが、始めて長く使ったキーボードはNECのデスクトップPCのについていたメンブレンでした。

 

その後、仕事でパソコンを使うようになってからは、ノートPCのパンタグラフでしたが、内勤になってからはマイクロソフトのエルゴノミクスを使用し、自宅ではゲーミングキーボードのメンブレンがメインキーボードでした。

 

Microsoft エルゴノミクスキーボード

内勤になった時に、デスクスペースに奥行きがなく、肩こりがひどくなった時に使っていたのがこのキーボードです。キーはパンタグラフで「パチパチ」といった音の浅い打ち心地。

 

柔らかいパームレストがついていて、打つ姿勢に関してはかなり楽になります。普通のキーボードだとどうしても手を閉じて打つ格好になりますが、このキーボードだと手を開いたままキーが打てるので、リラックスした状態で肩こりも軽減しました。

 

これを使っていた頃は、今よりもタイピングも遅かったので、普通のキーボードである程度の速度のタイピングになっている方には使いにくいと思います。使い始めたときは慣れるのに2週間くらい掛かりました。

 

テンキーが分かれているのも、実務で使うのにいいかなと思って購入したのですが、キーストロークが浅いテンキーは打ち間違えやすく、結局は別のテンキーを並べて使っていました。

 

そんなに文字の量を打たない人で、肩こりを軽減したい人なら一度試してみる価値はあるかもしれません。

 

Microsoft サイドワインダーX4

初めて5,000円以上のお金を出したキーボードがこれです。メンブレンですがとにかく頑丈で、ガチャガチャと結構乱暴に扱ってましたが、全然ヘタってないです。

 

FPSの楽しさと、ライトがついてるとテンションが上がるということを教えてくれたキーボード。今も持ってます。

 

FILCO マジェスタッチブラック 黒軸

全面印刷の見た目に一目惚れして買った初FILCO。

 

マジェスタッチ2の茶軸もそうでしたが、FILCOは全体の作りの良さのイメージのわりにキートップの印字や加工が弱い。これは少しザラつきのある触り心地だったのに、3日くらいでテカリが出始めたのには正直がっかりしました。

 

でも打鍵感はすごく気に入ってて、今でも定期的にこれで記事を書いては、3記事くらいでギブアップして、他のキーボードに変えてしまうなかなか使いドコロの難しい存在。

 

 

キーボード好きのマストアイテム

最後はキーボード好きに欠かせない周辺アイテムをご紹介します。

 

サンワサプライ 低反発パームレスト

キーボードと同じく、何種類も試してきたパームレストですが、一番快適で現在利用しているのがこのパームレストです。

 

同じ素材のマウス用もあり、セットで使っていますが、なんともちょうどよい高さと柔らかさで、手首を乗せるとちょうどいい手の高さでタイピングすることができます。

 

ELECOM クリーニングリキッド

アルコールフリーのクリーニングリキッド。これはディスプレイ用ですが、兼用して使ってます。キーボードはスマホと同じく、菌の温床になりやすい場所なので定期的にリキッドとクロスで清掃しましょう。

 

 

以上、奥深きキーボードの世界でした。

 

極上のタイピング、アナタも味わってみませんか?

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine.jp All rights reserved.