読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shine Blog

桐生貴政という読み物。

脱サラした私が30代でプロブロガーを目指す理由

ブロガー

男性

 

全国1,500万人の30代の皆さま、こんにちは。

 

私は35才でフリーランスになる決意をし、現在ブログを中心に活動を始めたばかりの者で、桐生貴政と申します。

 

ブログ運営は3ヶ月目に入り、収入的にはまだ内職レベルですが、本気でフリーランスになることを目指しています。

 

その決意とともにこのブログ【Shine.jp】を立ち上げましたので、フリーランスとして食べていけなかった時は封鎖することになると思います。

 

当面の目標は「8月までに月10万円を稼ぐ」こと。これはブログのアフィリエイトだけではなく、フリーランスとして稼ぐ累計の目標値です。基本在宅ワークで考えています。

 

 

私は昭和55年生まれで、一時期は”松坂世代”と呼ばれた年齢です。同級生の有名人には広末涼子さん、妻夫木聡さん、マコーレー・カルキンさん、朝青龍さんなどがいます。

 

今年36才なので、俗にいう”アラフォー”です。この歳でブロガーになるなどと言うと『アホ』の一言で一蹴されると思いますが、まあ元々ご立派な人間ではないので、心配には及びません。無論未婚者です。

 

ちなみに、2016年4月時点の日本人の人口は概算値で1億2,533万3千人。全体に対して30代の占める割合はおよそ12%で1,546万人です。20代はというと1,272万人でおよそ10%の割合となっています。

出典:総務省統計局HP【平成28年4月報】http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2.htm#monthly

 

何が言いたいかというと、プロブロガーって20代の方が多いように思うんです。データで見たわけではありませんが、私がネットで見かける有名ブロガーって大体20代なんですね。

 

でも人口は30代の方が多い。私がそうなれるかどうかは別にして、そこに需要があるように思います。音楽なんかもそうですが、自分の一回り年上の発信するものって感化されるものが多いですよね。

 

そこに隙間があると決め込んで、この30代でフリーランスを目指すブログを更新していきたいと思います。

 

そして、このブログの手始めとして”ブロガー”に焦点を当て、30代でフリーランスを目指すということが、どういうことなのかを改めて考えてみたいと思います。まずは経済面からです。

 

 

30代の平均年収は?

 

国税庁の統計では、平均年収は、30代前半男性で438万円、30代後半男性で499万円となっています。女性だと、30代前半が294万円、30代後半が297万円です。

 

これは平成25年度のデータですが、リーマン・ショック前の平成19年度に比べると、30代後半男性でおよそ60万円下がっています。

出典:年収ラボHP http://nensyu-labo.com/nendai_30.htm

 

まだまだ不景気な世の中と言えますが、感じ方は所属する企業により様々でしょう。

 

脱サラ前の私が派遣業界に勤めていた34才の頃の年収が約420万円だったので、平均よりも低い水準です。しかし、事業所規模が十数人の会社だったので、周りと比べて少ないという気もしていませんでした。

 

全国平均を拾ってみたところで、日常で一番気になるのは、やはり同じ会社、同業種にいる人間の給与ではないでしょうか。

 

平成26年度の事業所規模別の平均給与を見てみましょう。

  • 事業所規模10~29人:男性の平均年収が470万円(賞与込み)
  • 事業所規模5,000人以上:男性の平均年収が680万円(賞与込み)

 

これは全年齢の平均値ですが、実に200万円以上の差があります。大企業に勤めていてプロブロガーになりたいなんて人がいないのも納得のいく格差です。

 

 

プロブロガーの年収は?

 

これはピンからキリまであると思うので、平均は出せませんが、大きく稼いでいる方はブロガーの育成なども行っていることが多いので、指標としておおよその年収を公開してあったりします。

 

詳しく読んだものはありませんが、どうやら年収500万円を超えたら物凄いことのようです。

 

有名になり、本の出版などで売れるともっと跳ねることもあるようですが、世の”会社員ブロガー”の方が会社を辞めてまで本腰を入れることをしないのは、これが事実だとすれば賢い選択と言えそうです。

 

 

それでも脱サラブロガーを目指す理由

 

私の場合は脱サラが先にあり、ブロガーは後付なので経済面に魅力を感じて目指しているわけではありません。

 

ですがブロガーを目指す理由はいくつかあります。それは

  • 文章力を身につけたい
  • 形に残る仕事がしたい
  • 発信力を身につけたい

という3つの理由です。

 

決して『楽に稼ぎたい』とか『金持ちになりたい』などの理由ではありません。

 

ハマってしまえば一日中仕事のことを考えていても苦ではありませんし、楽をしたいとも思いません。ただ、出勤時間に縛られるのが嫌なだけです。

 

私の最終的な目標は作詞家になることです。物書きにも憧れはありますが、今の自分の文章力では到底目標にはできません。

 

文章力を身につけ、反応をみることができて、言葉のセンスを磨ける手段として、ブログというコンテンツは非常に適しています。

 

言葉で感情を動かすという大きな意味で捉えれば、どれも同じ要素があると思いますし、お金にならない内から他人に対して発信できるというのが、なんというか性格的に合っているなと思ったのがブロガーを目標に選んだ動機です。

 

 

何を発信していくのか

 

大きな問題はこの部分です。先に挙げたスキルを向上できれば実際はなんでも構わないのですが、金銭を得ないと生活できなくなってしまうので、「誰かの役に立つこと」を発信していかなくては成り立ちません。

 

もしくは、「面白いこと」や「知りたいこと」などの発信でも良いのですが、大事なのは自分が今一番興味のあることを書くことかなと思っています。

 

トレンドキーワードを追いかけて発信するのが正攻法なのかもしれませんが、自分が熱く語れることでないと求心力が落ちるので、当面は関心の強いキーワードしか書かないです。

 

このブログでは”フリーランス”と”ブロガー”という単語をメインに書いていくと思いますが、私は低学歴で転職歴が多いので、職業経験のある分野のことも書くつもりです。

 

単語としては、アパレル、通信、派遣、販売、店長、中間管理職、保険、広告代理店、バーテンダーなどになります。

 

他にもまだありますが、関心を引きそうな項目はこのくらいです。後は、自身の失敗談や書籍紹介なども書いていこうと思います。

 

 

一つ目の記事なので、丸っきり日記のような記事になってしまいましたが、以上が、私が30代でプロブロガーを目指す理由でした。

 

ご高覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

Copyright © 2016 Shine.jp All rights reserved.